あなたが真に望むもの ~必要なときにあなたのもとへ訪れます~



先日、とても大切にしていた傘を
なくしてしまいました。





ピンクのとてもかわいい和傘で
古くなっていましたがなくさないように
大切に使っていました。



なぜかというと
購入したお店がなくなってしまったから。




車で30分ほどのところにあった
素敵な和ものの雑貨屋さん。


かわいい髪飾りや小物がたくさんあり
大好きでよく通っていました。


特に髪飾りが大好きで
ほぼ毎日つけるものだからよく壊れてしまって。
そのたびにまた選ぶこともとても楽しかった。




けれどある日突然、閉店していて張り紙が。
別の店舗への案内が書いてありました。


そこは高速を利用しても1時間ほどかかりましたが
本当にお気に入りのお店だったので
時折、足を運んでいました。


ですが、さらにしばらくたったある日のこと
お店に近づくにつれ少し違和感が。




ん?似てるけど何かが違う
んん???




…かんざし屋さんになっている…




とてもかわいいのですよ
本当に。


うん、かわいい。
雰囲気も前のお店とほぼ同じ。


それに確かに髪飾り。
だけどだけど見渡す限り全部かんざし。




かんざし…




使い方がわからない。




とても困っているように見えたのでしょう。
お店の方が「時間があるなら是非に」と
使い方をとても親切丁寧に教えてくださいました。


おかげで上手に使えるようになり
そのあと招かれた結婚式にも
教わった通りに髪を結うことができました。




そういったわけで、お気に入りの傘を
もう買い替えることはできないなと思い
大切に大切に使っておりました。


けれどどこを探しても見つからない。
大切なものがなくなると
やはり少しさみしい感じがするものですね。




けれどなくしたものはしかたがない。


”もう買い替えることはできないだろう”


この思い込みを手放すことにしたのです。







すると傘をなくした翌日
とても嬉しい出来事がありました。







パートナーと一緒にとある神社へ参拝へ。
思い込みを手放したとはいえ
道すがら傘をなくして残念なこと
どうして残念なのかを切々と語るわたし。


聞いているのかどうかもわからない
微動だにせず全く興味のなさそうな彼。


興味を持てというほうが無理な話かも。






「梅雨になっちゃう、買わなくちゃ」







そうこう言いながら車を停めて参道へ。
神社へ向かって歩いていると
なんと目に入ってきたのは傘屋さん。


しかも私の大好きな和傘がたくさん。



「かさ!かさ買う!!」

「うん、あとでね」



はしゃぐ私と冷静な彼。



参道をさらに進むと今度はなんと
大好きなジェラートのお店が目の前に。



「ピスタチオのアイス食べる!」

「うん、お餅のあとでね」



そうだ、焼きたてのお餅を食べに来たんだっけ。

そしてさらに進み



「お餅屋さん、どっち?」

「うん、参拝したあとでね」




…傘とアイスで舞い上がってしまって
何をしにきたのかすっかり忘れてしまいました。



池で甲羅干ししていたカメ達が可愛かった。



心を入れ替え参拝をして
お餅食べてアイス食べて
早歩きでいそいそと傘屋さんへ。



もう、心はうきうきです。



入るとやっぱりかわいくて素敵。
どれにしようか目移りしながらも
値札の数字に思わず声が。


なんとなくした傘の約5倍。
あの子、ちょっと小柄だったけど
値段も可愛かったなぁ…


すると彼から嬉しい言葉が。


「少し遅れたけど誕生日に買ってあげようか?」


先月、誕生日だったのですが友人たちと息子から
とても嬉しいプレゼントを受け取っていて。


「こんなに嬉しい誕生日はない」


そう思いながら喜んで過ごしていたので
彼から受け取っていないことなど
全く頭にありませんでした。



言われてみればそんな気もする。



過ぎているのにありがとう。
自分では買う勇気が出なかったかも。


大好きなターコイズブルーの傘に決め
なくさないようにと「傘袋」なるものも
あわせて選んでみました。



一緒に選んでくれた店員さんが
とても楽しくて親切で。
それだけではなく会計のあとに
とても嬉しい事を教えてくださいました。




なんと、この和傘屋さん
かんざし屋さんの系列のお店だったのです。


同じ県内ではあるけれど
かなりの距離がある場所です。


今まで大切にしていた傘が
少し大きくなって素敵になって
私のもとへ帰ってきたように感じました。



前の日になくしていなければ
この子には出会えなかった。



なくしたことはとても残念だったけれど
こんなにうれしい出来事が待っていた。







今回は傘だったけれど
きっと人との出会いや出来事も



何か困ると感じることがあってもそれは
たくさんの嬉しいことに繋がっている。





日頃忘れがちなその当たり前のことを
思い出させてくれるとても嬉しい出来事でした。




人は一部分だけを見ては運が悪いと感じたり
どうして自分だけうまくいかないのだろうと
つい落ち込んでしまうものです。



そんなとき
悲しまなくても大丈夫。



本当に必要なものは何なのか
自分は何を求めているのか
明確にしていれば必ずいつか出会えます。






すぐではなく時間がかかることも
あるかもしれないけれど


自分の本当の望みに耳を傾けて
どんなときもいつの日も



丁寧に日々を過ごしてまいりましょう




真に望むものは
必要なときに必ずあなたのもとへ訪れます





~愛と自由と豊かさと
  生きがいに満ちた人生へ~


関連記事

ページ上部へ戻る