過去を抱きしめ向かいましょう 光のほうへ陽のあたるほうへ        

辛い過去は全て人生の幸せのたね

これからの人生をどうやって生きていこう
考えたり悩んだりしたことはありませんか?

新しいことに挑戦することはもちろん大切です。
でも、まず

”今日までの人生すべてが
  これから先のヒントになる”

そのことを知っていると
それだけで心は軽くなります。

だって
もうすでに経験としてあるのだから。

それがどうヒントになるのかは
過去と向き合い、気づいていく必要があります。

というよりも
過去と向き合うしかないのです。



楽しいことはいいけれど
わざわざ辛い過去は見たくない。
思うように人生が動かなかった時

「できるだけ過去を見ないように」
「できれば過去を思い出さないように」

いつもそうしていました。
だって、思い出したくもなかったから。


そんな私が人生を開いていこうとしたとき
自己愛や自己実現について学び
なんとなく人生が開くようになった気がしたとき。

自分を愛そうと思い始め
自分を大切にすることを試みるのだけれど…
少し進んだように思えてもまた元に戻る。
何度も何度も同じことを繰り返す。



なんだろう
全く良くなる気がしない。



そのときふと
過去の自分から呼ばれたような気がしました。

そんなことある?
でも、確かに呼ばれたよね。

本当に?
いや、絶対に私を呼んでいる。

よし!過去と向きあおう!!






過去と向き合い癒すという事
いろいろな方法があるようですね。

「インナーチャイルド」

当時、何度も目にした言葉です。
けれどどんなことを試してみても
何もうまくいきませんでした。

向き合うという事はどういうことなのか
過去を癒すという事は私にできるのか
そもそもそれは何のためか。

何度も何度も苦しくなりました。




そんなある日
過去の私が何人も訴えかけてきます。

「お願い、置いていかないで」

それはどういうこと?

過去の私は過去の私でしかない。
それなのに置いていかないでくれって
一体どういうこと?

とても悲しそうでさみしそうで
それは本当に当時の私そのもの。
彼女たちに向き合い問いかけます。


「一体どうしてほしいの?」


それを何度も何度も聞きました。

過去の私がさみしがるってどういうこと?
だけど本当にさみしがっている。
じゃあ、今の私に何ができるのだろう。
彼女たちに何をしてあげたら良いのだろう。


「本当はどうしたい?どうなりたい?」


真剣に問いかけるとやっと


「あなたが変わると
  私たちが消えてしまいそうな気がする」


そう答えてくれました。
過去の自分と向き合う方法って
正解は当然ないと思います。

私は過去の私にマイナスなイメージだけを
抱いていましたから
ネガティブをポジティブに変えるというか
確かに過去を消し去ろうとしていました。

けれど消されたくなんかない。
忘れさられたくなんかなかったのです。

なかったことになんてされたくない。
だって、過去の私が少しずつ積み重なって
今の私がいるのだから。


じゃあどうしよう。
これからどうしたらいいのかな。


そんなときテレビで情熱大陸を観ました。
若くしてご両親を亡くされた声優さんのお話。
お母様が亡くなったこと、お父様が亡くなったこと
その時の辛さを決して忘れない。
あえてそれを思い出し、今の自分の力に変える。


それを観たとき
自分がしてきた大きな間違いに気づきました。
私は過去の私たちすべてを
なかったことにしたかったのです。
そんなこと、喜ぶ人は誰もいませんよね。


それから何度も何度も謝り続け
過去の私たちに
今の私ができる事は何かを聞いてみました。
すると彼女たちはみんな言うのです。


「私たちも光の方へ行きたいの」


その時に
生きている意味がとてもよくわかりました。
そして決めたのです。

“彼女たちと一緒に光の方へ歩んでいく”

そう決めたとき、今まで経験したことのない
安心感に包まれました。
過去の私たちが一斉に喜んだのでしょう。
彼女たちもずっと一緒に行きたかったのです。


光のほうへ
陽のあたるほうへ


それからは過去の私たちに愛を送り続ける日々。
当然のように人生が大きく動き始めます。

これからは少しずつですが過去の私たちを
ご紹介させていただきますね。
何か伝えたいことがあるようなので。

そして過去の自分たちは知っています。



何のために生まれてきたのかを
  この世界に何をしにやってきたのかを


~愛と自由と豊かさと
    生きがいに満ちた人生へ~

関連記事

ページ上部へ戻る