自分史上最高に美しい自分を生きる

一度満たされた自己愛は決して枯渇することはありません

はじめまして
アイリスへお越しくださいまして
ありがとうございます

サイト運営者の紫帆です

みなさんはご自身を愛すること、できていますか?

今では当然のようにできるようになりましたが
以前の私には一番困難なことでした。

・自分をゆるす
・認める
・褒める
・癒す
・ゆるめていく…

それはずっとしがみついていた
自己否定とは真逆の

「自己愛で満たされた至福の世界」

憧れはあるけれど全く想像がつかない。
自分を愛するって、どういうこと?
自分を大切にするって、どういうこと?

そんなこと、考えたこともない。
ただ、その日を必死に生きてきただけだから。

とても難しく感じました。
自分にはできないと何度あきらめようと思ったか。

けれどやっぱりあきらめきれない。

そんな葛藤を数年繰り返し
やっとの想いで辿り着くことができました。

振り返って思うこと。
私にとって自分を愛することとは
自分自身と結婚をするような感覚でした。

「これからは私が責任を持って
   一生をかけて幸せにするからね」

と、私自身に永遠の愛を誓う。

そして、今まで幸せになってはいけないと
頑なに決めていた私だけれど

愛を信じ受け入れ
幸せになると覚悟を持ち
幸せであり続けると肚をくくる。

そんな、一人二役の一大イベントでした。

自己統合
覚醒
目覚め

そう表現する方もいるようですね。
もちろん、そこに辿り着くまでの道のりは
平坦なものではありません。
何度あきらめようと思ったことか。

「もう、幸せになれなくてもいいよ」

そうささやく自分もいました。
でもあきらめることができなかった。


だからたくさんの方の力を借り
たくさんのことを学び
自分を磨き、想いを伝えました。

けれどうまく伝わらず
もどかしく悔しくて涙する。
だって
自分自身を信じることができないから。

想いが届くまで道のりは本当に長いものでした。
望みと違う不要な思い込みに気づき
手放していく。

自分の闇と徹底的に向き合い
癒していく。

気の遠くなる作業を何度も何度も繰り返し
やっとの思いで伝えることができたのです。
受け取ることが、できたのです。

だからこそ
想いが通じ合えたときの喜びはとても大きなもので

「息をするだけで幸せ」

そんな感覚さえありました。
そして自己愛に満たされ心が自由になった私に
訪れた始めた奇跡の日々。

その始まりは

「産んでくれてありがとう」

「母が俺の母でいてくれてよかった」

息子から届いたとても嬉しいメッセージ。

以前は私を全否定し、ひきこもり
苦しんでいた大切なひとり息子。

私が自分を愛し
本来の自分を取り戻していくたびに
彼も本来の自分を取り戻していく。

私と同じように
いつのまにか自分を愛せるようになっていました。

今では進学し
夢に向かって着実に前に進んでいます。

お互いが自己否定ばかりの日々は
とてもつらく感じましたが
今ではここまでの経験、全てを笑って話せます。

本当に笑えるのです。

友人や家族、初めて会う人に話すときでさえ。
だからこそ
この先どんなにつらいことがあったとしても
笑ってみせる。

クスっと笑えることかもしれないし
涙が出るほど面白いことかもしれない。

けれど

何があっても自分が笑い飛ばせると知っている
今の私たちは無敵です。

だって何かあったとき
自分をいつも責めていたのは自分自身だったから。

否定する自分が人生を
苦しく困難にしていたのだから。

では、何が私たちを変えていったのか。

”自分の人生は
  自分の思い通りにできていることを理解する”

そして

”幸せになる覚悟を持ち 
  自分の人生に責任を取ると決意する”

それを心に固く誓った時
人生の扉が開き始めました。
誰しも自分の望み通りの人生を作っていけるのです。


それも自分自身の力で。

本来の魂が持つ美しさは
誰かと比べるものではありません。

そしてその美しさを引き出すのも自分です。

いつだって
自分史上最高に美しい自分を生きていいのです。

その前に大切で必要なこと。


それはやはり過去を癒すこと
思い込みをはずすこと。

私のように思い込みが強ければ
難しく感じるかもしれません。

絡まった想いは心を覆い隠し
本音が見えてこないこともあるでしょう。

心が重いとき、胸がつかえて苦しいとき
とてもつらいですよね。

だけど絶対に大丈夫です。

心は必ず自由になります。
今ある心の重みは取り去ることができるのです。

思い込みができたきっかけ
その思い込みが引き寄せ続けた現実。

それを少しずつどのように変えていったのか。

絡まった心がうまくほどけなかったとき
どんなことからゆるめることができたのか。

心をほどいたとき
どんな想いが隠れていたのか。

本来の自分・魂・スピリットは
どんな存在であったのか。

そしてそれを知ることの素晴らしさ。

時系列は前後しますがゆっくり思い出しながら
いろいろなことを綴っていきます。

ほんの少しでも
あなたの心が自由になりますように

必要としてくださる方に必ず届くと信じて

今まで支えてくださった全ての方に
心からの感謝を込めて

紫 帆


~愛と自由と豊かさと
    生きがいに満ちた人生へ~

関連記事

ページ上部へ戻る