頑張る私は幸せになれる? ~シンデレラはおとぎ話~



頑張ったら幸せになれるって思っていませんか?
私はずーーっとそう思っていました。



「努力は報われる」



確かにそうかもしれないけれど
もちろん頑張ることって素晴らしいことだけど



それはほんの少しの違いで
「頑張らない私には価値がない」



そんなふうに変換されてしまいます。



頑張っていないと落ち着かなくなるのです。
なにかうまくいかなくなると



「頑張りが足りないのか~」
なんて浮かんでしまう。



そうすると自己否定へつながってしまうので
頑張ることへいつまでもゴールがなくて



ずっとすっと
頑張り続けてしまって



少し進んだら勝手にハードル上げて
どこまでも終わりがなくて



疲れて
でも怖くて休めなくて



そして厄介なことに
周りからの誉め言葉を望んでしまう( ̄▽ ̄;)



昔の私がそうだったんです。
母と同じで周りからの感謝で満たされる。



でも、それって誰かがいないと
叶わないでしょう?



それに望まれたほうもいい迷惑だったと
思うのです…
というか、はっきりそう言われました。



だからこそ自己愛って必須です。
いつでもどこでも
当然のごとく一人で完結。



自分のこと褒めたらいいだけですから。



「よし、今日もよく頑張った!」



不思議なことに自己愛が深まると
褒めることさえなくなります。



そのままでいつもマルになるから。



それに自己愛がしっかりあると
自分をシンデレラにしたりしません。



そんなに頑張らせたりはしないのです。



そうしたらかぼちゃの馬車も
ガラスのくつがなくても
いつでも幸せになれますし。



それに迎えに来てくれる王子様って
本当の自分だったりします。



なんだかんだ言って一人遊びが好きなのかも。
おままごとも楽しいですものね。






もし頑張りすぎて疲れていたら
王子様役もしてあげてみてください



けなげな自分が可愛くて
「そんなに頑張らなくていいよ」
きっとそうなりますから♡




~愛と自由と豊かさと
 生きがいに満ちた人生へ~



関連記事

ページ上部へ戻る