一日を48時間に変えられる?~人生を2倍楽しむ心意気~


みなさん「時短」という言葉で
何を思い浮かべるでしょうか。



毎日の食事作りや
お弁当作り
お掃除など、家事が多いかもしれませんね。



私も時短が大好きです
きっかけは高校受験。



「無理でしょ」と言われた志望校へ
塾に家庭教師をプラスしてもらい
短期間で成績が上がったことが
とても楽しかったから。



…コツコツ地道にするのが苦手なのです…



そんな私がさらに時短を意識するようになったのは
父からの誕生日に添えられた



「お母さんのぶんまで長生きしてね」



そんな短いメッセージ



母は36歳で亡くなったので
平均寿命が80歳だとすると残り44年。



私がもし平均まで生きたとしてさらに44年…
日本の長寿記録更新です。



…お父さん、無理だわそれ( ・∇・)



寿命はそんなに延ばせません。
気持ちはなんとなくわかるけどね。



そしてこの無理難題を
なぜか受け入れようと思った私。



多少、健康に気を使うことにするとして
ふたりぶん生きるってどうしよう。



みなさんならどうしますか?
単純に倍の経験をしてみようと
2倍、行動してみました。



けれど身体がもつわけがない。
「じゃあ一日を48時間に変えられるとしたら?」



…寿命延ばすよりも無理じゃない???



そこでもともとあった時短魂に火がついたのです。
意識してみると、できる工夫はいろいろある。



資格を取ることも
日常の家事やお仕事も



時短を意識して工夫すればたくさんこなせる。
半分ですませたら自分にとっての時間は
単純に今までの倍になりました。







特に私は悔しさで伸びるタイプだったので
「その期間じゃ無理でしょ」
そう言われると活力が湧きあがります。



でも、それって本当はあまり嬉しくない…



だから今は「褒められて伸びるタイプ」



そうじゃないと悔しく思うことを言ってくれる人が
いつまでも現れてくれるから。
自分が望んでいるかぎり、ずっーと。



みなさんも
何か目指しているものがあれば
遊び感覚でいろんな時短に
取り組んでみてはいかがでしょう。



早く叶えたい願いがあるときに
「時間がかかるもの」と、もしそう言われたら



「本当にそうかな?」
「自分には早く叶える力があるんじゃないかな?」



そう視点を変えるたびに何かヒントがやってきたり
思いついたりするものです。



もちろん時間をかけることが
楽しいものはそのままで。



寿命を延ばすことができなくても
一日を48時間にできなくても
ふたりぶん、人生を楽しもうとする心意気。
その遊び心は悩む時間なんてなくしてくれますよ♡



  ~愛と自由と豊かさと
    生きがいに満ちた人生へ~











関連記事

ページ上部へ戻る